みかん。

ブログタイトル

EOSとX-T20で育児する父親ブログ
MENU

85mmは開放で撮ってこそ。


EOS 5D Mark III, EF85mm F1.2L II USM, 1/2500, F1.4, ISO100


撮れ高は、だいたい25%といったところか。
私の腕によるところが大きいが、
とにかくEF85mm F1.2L II USMというレンズは扱いが難しい。
撮り手のスキルが非常に求められるレンズだ。
このレンズと対峙するときは、必ずスポット1点。
これを原則として、本当なら2段程度絞りたい。
とにかくオートフォーカスでは、ピンがこないのだ。
カメラは、EOS 5D Mark III。このカメラでなければ太刀打ちできない。
M3ではオートフォーカスが遅すぎて、とてもじゃないが使えない。
7DIIをつけて屋内スポーツに挑戦したこともあるが、
やはりピンはこない。

で、25%の撮れ高を見てみると、
写真的なクオリティーはさておき、
描写力という面では息をのむしかない。
なんというぼけ味。切れ味。
まったくもって、自分のレベルを忘れてしまうほどの美しさ。
20万もするレンズとはいえ、
この写りなら平伏するしかあるまい。

とはいえ、このレンズを検討している方は慎重になったほうがいい。
私も、そのじゃじゃ馬っぷりに手がつけられず
購入早々、オークションでの売却を考えたほどだ。
断っておくが、動きものを撮るレンズではないことはたしかだ。
そして、このレンズはピンが来ないからといって、
絞ったりしてはもったいない。
開放、少なくともF2以下をおすすめする。

該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://chimidorock.blog.fc2.com/tb.php/9-7446c360