みかん。

ブログタイトル

EOSとX-T20で育児する父親ブログ
MENU

EF-M55-200mmの活かし方。

y215567.jpg
EOS M5, EF-M55-200mm F4.5-6.3 IS STM

PARISスナップ第二弾。
今回は、EF-M55-200mm F4.5-6.3 IS STMで撮った写真を数枚。
やっぱり望遠はスナップで使いやすい。
高いビルが少ない街だから、
遠景の被写体も多く、やはり望遠レンズは役に立つ。

yu215547.jpg
EOS M5, EF-M55-200mm F4.5-6.3 IS STM

しかし、このレンズが活きるのは、
もう一台、広角〜標準カメラとの2台体制だと思う。
私の場合は、EOS 5D Mark IVにEF24-70mm F2.8L II USMの組み合わせと、
EOS M5にEF-M55-200mm F4.5-6.3 IS STMの2台体制。
これがうまくいった。
ワイド側で焦点距離は35mm判換算で88mmになってしまうので、
少しだけ間が抜けてしまう。
はじめ、EF24-105も考えたけど、明るさ重視にした。

y_215522.jpg
EOS M5, EF-M55-200mm F4.5-6.3 IS STM

望遠はEOS M5に任せることで、
かなり機動力のある撮影ができたと思う。
一眼レフの2台持ちだと重すぎるけど、
一台がミラーレスだとその負担もかなり軽減される。


EOS M5, EF-M55-200mm F4.5-6.3 IS STM

じゃあ2台ミラーレスでいいじゃないかという考え方もあるけど、
まだ、一眼レフを手放したくはない。
レンズの性能や、撮っている感覚。写真を撮っている感覚。
これがまだ、私にとってミラーレスでは見出せないのだ。
フィルムカメラがデジタルに変遷したように、
一眼レフの時代も終わっていくんだろうけど。なくならないにしてもね。
しかし、Mレンズはいいレンズだと、つくづく実感した。



にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村

写真 ブログランキングへ

パリと5D

a_215181.jpg
EOS 5D Mark IV, EF24-70mm F2.8L II USM

しばらくパリを訪ねていた。
何を撮っても絵になってしまうから、
ついシャッター数が増えてしまう。
日毎にシャッター量を減らす。
それでも、ついカメラを構えてしまうのは
被写体がいいからだろう。

a_215355.jpg
EOS 5D Mark IV, EF24-70mm F2.8L II USM

EOS 5D Mark IVとEOS M5の二台体制。
これがうまく機能した。
EOS M5の利点は後日語るとして、
5D4と24-70mmのコンビはさすが、という感じ。

a_215202.jpg
EOS 5D Mark IV, EF24-70mm F2.8L II USM

欲を言えば、テレ側が少し足りない。
105mmくらいまであれば違ったんだろうな。
でも、EF24-105mm F4L IS II USMは持って行かなかったので、
結果論にしかならない。
まあ、EOS M5で補うことはできたが。

_215034.jpg
EOS 5D Mark IV, EF24-70mm F2.8L II USM

電車の中、音楽を聴く人も絵になる。

a_215273.jpg
EOS 5D Mark IV, EF24-70mm F2.8L II USM

壁画のイラストも絵になる。

a_214761.jpg
EOS 5D Mark IV, EF24-70mm F2.8L II USM

ショーウィンドウの手前のシャッターも
絵の一部になる。


EOS 5D Mark IV, EF24-70mm F2.8L II USM

定番のエッフェル塔。
これは、東京タワーと変わらないなあ。
でもかっこよかったけど。
あー、それにしても雨ばっかりだったな。



にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村

写真 ブログランキングへ

Nintendo Switch、到着。

a_214456.jpg

子供生まれてからか、その前からか、
TVゲームというのに興味がなくなり、
それから10年以上、我が家にはTVゲームがなかった。
子供にも買うつもりなかったし。
だが、息子も学校でTVゲームの話になるし、
欲しいという思いも芽生えてくる。
当然のことだ。
だけど、頑なにダメといい続けていた。
なんでダメなんだろう。
目が悪くなるからとか、
勉強しなくなるからとか、
外で遊ばなくなるからとか、
いろんな理由はあるが、
それは、本当にそうなんだろうか。

a_214446.jpg


どの理由にも一理あるけど、
それって、昔から言われてきたことで、
単なる屁理屈なようにも思えていた。
とうとうswitchが欲しいと、誕生日に欲しいと、
具体的に言い始めて来た息子に、うーんと悩む日々。
ま、いいかと値段を調べて見たら、
なんと、品薄で買えないというじゃないか。
買えないとなると、欲しくなるのが人の性。
しかし、転売屋の価格で買うのは馬鹿らしい。
あり得ない。
いろんなところで抽選販売をしていたので、
無駄な会員登録などを繰り返し、
しかし抽選漏れが続く。
ニンテンドーストアでも、
予約販売日にアクセスしたけど、つながらず。
なんでこんなに品薄なのかねえ。
供給量を減らしているのか。
ニンテンドーともあろう企業がそんなことしないよな。
丁寧に作っているんだろうと、
下手な勘ぐりはやめて、引き続き、定価購入を目指す日々。

a_214447.jpg

1週間くらいそんなことをしていたら、
スーパーマリオ オデッセイセットというのが
発売されることがわかった。
実に発売日の前日。すでに遅し。
抽選販売はどこも終わってる。
発売日には大手家電量販店で、
早朝から抽選販売が行われるようだが、
そこまでするのもなあ。

a_214454.jpg

Amazonは転売屋の温床だけど、
時々定価で買えると聞いていたので、
ちょこちょこ見ていた。
でも、いつも2割増しくらいの価格。
ふざけてる。絶対に買わない。



なんて思っていたら、まさかの定価販売表示。
マジかって思って、
とにかく購入確定までクリックしまくったら、
なんと発売日に買えてしまった。
運が良かったとしか言いようがないけど、
信じられなくてもう一度注文したら、もう買えなかった。
その後は、やはり2割増しくらいの価格が続く。
届いたのは発売日から二日後。
誕生日は少し先だが、じらしても仕方ないので早めにプレゼントした。
いくつになっても、子供が喜ぶ顔はうれしいものだ。




にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村

写真 ブログランキングへ

EF-M18-150mmの多様性。

y_214156.jpg
EOS M5, EF-M18-150mm F3.5-6.3 IS STM

日比谷公園。
もう葉っぱは色づき始めて、
光の角度は夏のそれではない。
いい感じ。
何を撮っても写真映えする。

a_214164.jpg
EOS M5, EF-M18-150mm F3.5-6.3 IS STM

いろいろ撮ろうと思ったら、
広角だけじゃなく、望遠側も欲しい。
となると、EF-M18-150mm F3.5-6.3 IS STMが
最適となる。
日中だから、すべてISO100でOK。
レンズの暗さは問題にならない。

y_214205.jpg
EOS M5, EF-M18-150mm F3.5-6.3 IS STM

この時期は光の角度によって、
写真の色合いもまったく変わる。
逆光気味で撮れば、夕景っぽくもなるし、
斜光で撮れば朝の光のようにもなる。
純粋にカメラの性能が反映されるような気がする。

a_214142.jpg
EOS M5, EF-M18-150mm F3.5-6.3 IS STM

それにしても、EOS M5のオートフォーカスには悩まされる。
逆光にはそれほど強いとはいえず、ピンがなかなか来ない。
被写体によってはものすごく速く合焦するんだけどな。
まだまだ改善の余地はあるってことか、このAFも。


EOS M5, EF-M18-150mm F3.5-6.3 IS STM

このブログでも何度か書いてきたけど、
このレンズの多様性には頭がさがる。
あえて多様性というのは、寄り引きによってもたらされる
得られる被写体のバリエーションが多いから。
カメラの性能がもう少し上がることを祈るが、
そうなると、また買わなきゃいけないなあ。



にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村

写真 ブログランキングへ

該当の記事は見つかりませんでした。