みかん。

ブログタイトル

EOSとX-T20で育児する父親ブログ
MENU

スピードライト600EX II-RT、到着。

207408_ed.gif

またまた、何を買っちまったんだろ。
ブツ撮りなんてするわけないし、
モデル撮影なんてもってのほかだし。
まあ、いちおう理由はある。
近々、大規模なパーティーがあって、
その様子を撮らなきゃいけないわけで、
一つくらいあってもいいかなと。
以前、スピードライト430EX IIを持っていたけど、
あまりにも使わないものだから売り払ってしまった。

_207405_ed.gif

だったらスピードライト430EX III-RTでいいわけで、
当然、そいつを買うつもりでいた。
だけど、運命はそうさせてくれず、
キャッシュバックキャンペーン中で、
600を買うと8000円戻ってくる。これは大きい。
ちなみに430は3000円キャッシュバック。

_207404_ed.gif

いろいろ考えて見て、前と同じ430だったら使用頻度は
きっと前と同じだろうと思った。
つまり使わなくなる。
でも、もっと大光量で使いがいがあるなら、頻度が上がるかも。
そんな淡い期待もあったし、
何より、結局フラッグシップがいちばんいいに決まってるわけで、
どうせ持つなら、フラッグシップでいいかなということ。

_207402_ed.gif

届くまではワクワクなんだけど、
いざ届くと箱も開けない始末。
こうしてブログにアップしようと思うことで、ようやく開封。
ストロボケースが、430の倍はある。でかい。
付属のバウンスアダプターやカラーフィルターが一緒に入れられる仕様。
さすがフラッグシップ。
で、電池は入れたが、発光はまだ。
少しずつ研究して、使えるようになろうっと。
ハイスピードシンクロは試してみたいな。




にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村

写真 ブログランキングへ

EF11-24mm F4L USMと子供。

206902_ed.jpg
EOS 5D Mark IV, EF11-24mm F4L USM

物心つく前から、目の前にカメラがある生活。
うちの子たちは、そんな家庭で育っている。
ちびまる子ちゃんでいうところの、たまちゃんのお父さん。
ごめんとしか言いようがないが、
それはさておき、娘はカメラをほとんど気にしない。
たとえ11-24mmという超広角で馬鹿でかいカメラが目の前に来ても。
自分にとって、障害にならない障害物なのだ。


EOS 5D Mark IV, EF11-24mm F4L USM

そんな子に育てたから、こんなレンズを子供撮影に使えるんだろう。
初めての子供にこんなレンズで挑んだたら、レンズは触られるだろうし、
ピースしたり、ポーズとったり、きっと構えてしまう。
ポーズ取るのはまあいいとしても、レンズ触られるのは勘弁。
というわけで、手に入れる環境が整ったから買えたレンズでもある。
写るというより、写ってしまうレンズ。




にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村

写真 ブログランキングへ

EF11-24mm F4L USM、継続中。

_206586_ed.jpg
EOS 5D Mark IV, EF11-24mm F4L USM

このレンズを使ったら、
やっぱり11mm側を使ってしまうのが人の子というもの。
大口径レンズを使うと、どうしても、ど解放で撮りたくなる感覚に近い。
銀座四丁目の交差点。
このレンズにかかれば、ご覧の通り、こういうことになる。
EF8-15mmのフィッシュアイでは歪みすぎて、こうは見えない。


EOS 5D Mark IV, EF11-24mm F4L USM

駐輪場の一枚。
はるか奥に人物が写っているが、実際はけっこう近い距離にいる。
超広角は被写体との距離を広げる効果を持っている。
レンズってつくづく不思議だ。

_206642_ed.jpg
EOS 5D Mark IV, EF11-24mm F4L USM

築地を眼下に、街全体を写し込む。
こちらも歪みが少ないから写真からは、
どれくらい広く撮れているかわからない。
しかし、11mmという画角を想像しながら見ると、
おそろしく広い範囲が写し込まれている。

_206562_ed.jpg
EOS 5D Mark IV, EF11-24mm F4L USM

おなじみの猫。
こちらもかなりの近距離。
しかし、彼(彼女?)との距離を感じる。
超広角の妙だろう。

5D4にこのレンズをつけてスナップするような
物好きは、そういないだろう。
このレンズも、持ち主に恵まれなかったなあ。
広大な風景を撮りたいと思っているかもしれない。
ま、それはいつかどこかで。
このレンズの日常スナップはしばらく続く。




にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村

写真 ブログランキングへ

バッタの羽化。

ya_206847_ed.jpg
EOS 5D Mark IV, EF16-35mm F2.8L II USM

昆虫大好きの息子は、皮肉にも、都心生まれ都心育ちなわけで、
だから、虫の季節になるとなるべく自然へ連れて行き
昆虫採集を思い切りさせてやる。
週末、とある森に入ったところ、薄暗い葉っぱの上に
バッタらしき昆虫の羽化に出会った。
名前はまったくわからないが、とても神秘的。
LEDライトで照らして、スポット測光にして撮影。
ISO800で、F2.8・1/100秒。
ライトの光量が多いので、十分のシャッタースピードが稼げる。
これが、評価測光だったら、長秒になってしまうかも。
というような状況だった。

これ、なんていうバッタなのかなあ。
バッタなのかな、そもそも。
それにしても、ヒグラシの声がよかった。




にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村

写真 ブログランキングへ

11mmの超現実。

_206592_ed.jpg
EOS 5D Mark IV, EF11-24mm F4L USM

1日使ってみて思ったことは、
都会ではよほど強い思いがなければ使いこなせないということだ。
だって、常識や想像では写らないはずの景色が入る。
ファインダーを覗いた瞬間、毎回、裏切られる。
こんな経験は初めてだ。
ここまで入るのかと。
14mmを使い慣れているはずなのに、
それとはまったく別物。これが11mmの世界か。

a_206615_ed.jpg
EOS 5D Mark IV, EF11-24mm F4L USM

銀座四丁目。和光。
時計が見えるギリギリの位置に立って、
まるごと入る。
フィッシュアイなら、これが円形に収まるだろう。
広角は歪ませないで入れるレンズだから、
ファインダーからその異様さが伝わってくる。


EOS 5D Mark IV, EF11-24mm F4L USM

水平を取れば歪まないが、
少しでも角度をつけるとまったく別物の景色になる。
味わい方が、無限ともいえる。

_206676_ed.jpg
EOS 5D Mark IV, EF11-24mm F4L USM

自然風景にはもちろん最高の一本だけど、
建造物の撮影にもたまらないレンズだ。
しかし重い。でかい。
この不自由さがいい。
写真は楽しいなあ。



にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村

写真 ブログランキングへ

該当の記事は見つかりませんでした。