みかん。

ブログタイトル

EOSとX-T20で育児する父親ブログ
MENU

自分の目と同じ焦点距離。


EOS 7D Mark II, EF40mm F2.8 STM, 1/125, F2.8, ISO100, 露出補正-2/3

40mmのパンケーキレンズは、
かなり使い勝手がいい。
去年くらいから気付き始めたのだが、
それはフルサイズにおいて。
ちゃんと40mmの焦点距離で使えば、
だんだん馴染んでくる。
しかし、7D2など、APS-Cにつけると
64mmになる。
けっこう中途半端だなと感じる。
と思っていたが、実はそうでもない。
人間の目はだいたい50mmと言われているが、
個人差もあって、わたしはだいたい60mm。
そういう人、多いんじゃないだろうか。
つまり、この画角がけっこう馴染む。
というか、ほぼ見たままの画角で撮れるのだ。

剣道の稽古を、体育館の隅っこでいつも見ている。
そんな光景を、この写真を見ると、
あー、たしかにこれくらいの距離だなあと感じる。
ものは使いよう。考えようってことだな。


【剣道の撮り方についての記事】
VOL.1:剣道写真の特徴
VOL.2:瞬間に強いカメラ
VOL.3:カメラとレンズ
VOL.3.5:センサーサイズ
VOL.4:カメラの設定
VOL.5:撮影位置とタイミング
VOL.6:撮り方の工夫
VOL.7:背景の選び方


車窓にて


PowerShot G9 X, 1/8, F4.9, ISO1250, 露出補正-1 1/3

東京タワーの照明は、
スカイツリーよりも色っぽい。

タクシーで首都高を走っていたら、
突然、視界に入ってきて、
即座に対応できたカメラが
G9 Xだった。

資生堂の広告っていいなあ。


EOS M3, EF-M15-45mm F3.5-6.3 IS STM, 1/60, F6.3, ISO800, 露出補正-2/3

資生堂って、女優やモデルの起用のセンスがいいというか
毎回、いいんだよな。
今回も良かった。もう変わっちゃったけど。
モデルさんだと思うのだが、この笑顔がいい。
この写真のセレクトがいい。好き。

IM5555G_8116.jpg
EOS M3, EF-M15-45mm F3.5-6.3 IS STM, 1/60, F6.3, ISO800, 露出補正-2/3

18mmだと、こうは写らないよな。
15mmだから余裕を持ってはいる。
このパース感も悪くない。
最近、大きなカメラに疲れてきてるせいもあって、
小さなEOS M3で広角写真が撮れるのが楽しくて仕方がない。


子供を撮るカメラとレンズ。


EOS 7D Mark II, EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS USM, 1/1000, F4.0, ISO100, 露出補正-2/3

子供がある程度成長してくると、
親との距離ができる。
歩くようになるし、走るようになるし、
自分で遊ぶようになるから。
赤ちゃんのころは、いつも至近距離にいたから
広角か標準レンズがあればいい。
だけど、幼稚園、小学生にもなれば、そうもいかない。
レンズ構成も変わってくる。
というか、カメラもちゃんと撮れるものが必要になってくる。
という持論を持っている。
何度もこのブログで書いているけど、
初心者ほどいいカメラを持つべき。
さすがに、1系や5Dを持つ必要はないけど、
エントリーモデルではない。
私は、子供を撮るなら7D Mark IIだと思う。
予測できない動き、しかも速い。
だけどチャンスは逃せない。
強力なAFとサーボは欠かせないし、連写性能も重要。
ファインダーの視界の良さもけっこうポイントになる。
中途半端な機能で、それなりにお金をかけるなら、
もう少しお金を出して、いいカメラを。
キヤノンだけでしかいえないけど、
これがパパカメラの本命じゃないだろうか。
そして先日出会った、EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS USM。
これはパパレンズ。
この組み合わせで、あとは経験。
撮れないものはなくなる。

子供が撮れるカメラなら、
野鳥でも鉄道でも飛行機でも
スナップでも風景でも、
ほかはなんでも撮れるんじゃないだろうか。

1人で自転車の道、先はまだ長い。


EOS 5D Mark IV, EF24-105mm F4L IS II USM, 1/250, F4.0, ISO800

ストライダーという、
三輪車と自転車の中間ぐらいの乗りものが流行っている。
どうも流行に乗り遅れたのか、
ストライダーに乗せるにはやや、
年齢が行きすぎたように思う。
5歳。まだ自転車を特訓中。

ya_181076.jpg
EOS 5D Mark IV, EF24-105mm F4L IS II USM, 1/250, F4.0, ISO800

自分の足で地面を蹴らせて、
バランスをとらせる。
これがなかなか難しいようで。
お兄ちゃんのお下がりのボロボロの自転車で。
乗れるようになったら、
ちゃんとした女の子のを買ってあげよう。
喜ぶだろうな。
先は長いだろうけど。

該当の記事は見つかりませんでした。