みかん。

ブログタイトル

EOSとX-T20で育児する父親ブログ
MENU

カメラマングローブを買ってみた



また、EOS 5D Mark IVを持って遠出をする。
朝日も撮るから、けっこう寒いはず。
そこで、手袋を買ってみた。
撮影用の手袋らしい。
エツミ(日本代理店なのかな)の
MATIN 撮影用手袋「マーティン マルチシューティンググラブ」
MとLがあったので、Mにした。
色はブラック。レッドもある。

162871.jpg

いろんな人のレビューを読んで
これを選んだ決め手は、
先端がミトン型になっているから。
ミトン型のメリットは、
ここに小さなカイロを入れられること。
この言葉で、こいつに決めた。
ロープロからもカマラマングローブがあったけど、
最後は、エツミ。
さて、威力を発揮してくれるかな。

天の川。


EOS 5D Mark IV, EF24-70mm F2.8L II USM, 10, F2.8, ISO6400, マニュアル露出

都心でこんな夜空を見ることはできない。
星がないのではなく、ただ見えていないだけ。
本当に不思議だ。
あたりが闇だと、宇宙はここまで見えてくる。
頭上には天の川。
東京の空にだって本当はある。

こういうところに住んでいる人は、
これが当たり前の景色なんだろうけど、
やっぱり貴重な光景だよな。


あの日のブルーボトルコーヒー。

00001.jpg
EOS 5D Mark III, EF24-70mm F2.8L II USM, 1/8000, F2.8, ISO100

東京も朝晩は冷えるようになってきた。
とはいえ、突然夏日になることも、しばしば。

ブルーボトルコーヒーを訪ねた。
平日の朝だったこともあり、だいぶ空いていた。

ここ清澄白河では、サードウェーブなんて呼ばれて
たくさんの豆屋さんが出店している。
そう、豆屋さん。
コーヒーは飲めるが、喫茶店ではない。

00002.jpg
EOS 5D Mark III, EF24-70mm F2.8L II USM, 1/400, F2.8, ISO100, 露出補正+2/3

この界隈の店でいろいろなコーヒーを飲んできたが、
私の結論。
やっぱりブレンドが好きだなあ。
そんなこと言ったら、コーヒー党に怒られそうだけど。

ブルーボトルコーヒーは浅煎りで、
とても酸味が強い。私はちょっと苦手。

缶コーヒーは嫌いだけど、
豆屋さんの純粋なドリップコーヒーも得意ではない。
だからブレンドがあるんだろうなあ。

朝の光がとてもよかった。
ブルーボトルコーヒーの店内は好きだ。


EOS 5D Mark III, EF24-70mm F2.8L II USM, 1/320, F2.8, ISO250, 露出補正+2/3

実はこれ、去年の話。
だからカメラはEOS 5D Mark III。

冬が近い。


EOS 5D Mark IV, EF24-70mm F2.8L II USM, 1/320, F8.0, ISO640, 露出補正-2/3

この日も風が強く、雲の流れは速かった。
かなたの山頂は雲で見え隠れしていた。

161736.jpg
EOS 5D Mark IV, EF70-200mm F2.8L IS II USM, 1/320, F4.0, ISO250, 露出補正-2 2/3

場所によっては、秋が終わろうとしていた。
望遠レンズで撮ると、いやでもボケるので、少しだけ絞って撮った。

161723.jpg
EOS 5D Mark IV, EF70-200mm F2.8L IS II USM, 1/250, F3.2, ISO200, 露出補正-1 2/3

冬がそこに迫っているというのに、
いまだ生命活動を続ける小さな命があった。
イナゴだ。

161711.jpg

EOS 5D Mark IVは、
写真がもっと好きになるカメラだと思う。
いや、もっといろんなものを撮ってみたくなるカメラ。
いいカメラには、そういう力があるんだな。

まだ続く、東北の紅葉。


EOS 5D Mark IV, EF70-200mm F2.8L IS II USM, 1/250, F4.0, ISO1250, 露出補正-1

どこを見渡しても、美しい景色が続いていた。
車で走っても、自分の足で歩いても、ホテルから外を見ても。
北海道の紅葉もよかったけど、まだ紅葉が始まったばかりだったため、
ここまでの紅葉には逢えなかった。
ところどころで、もみじが赤く染まる光景があったが、
都心ではなかなか見ることができない。

161690.jpg
EOS 5D Mark IV, EF70-200mm F2.8L IS II USM, 1/320, F9.0, ISO400, 露出補正-1

都心と違ってビルがないから、雲に遮られる太陽の動きが
山肌にダイレクトに反映される。
ポイントポイントでスポットライトのように照らされる山肌は、
本当に美しかった。
これが、厚い雲に覆われていたり、雲のない快晴だったら
また違う光景になっていたんだろう。

161603.jpg
EOS 5D Mark IV, EF70-200mm F2.8L IS II USM, 1/250, F5.0, ISO125, 露出補正-2/3

もう一つ、景色を美しくしている要素が
この白い樹木だろう。
白樺を筆頭に、白い木のシルエットが紅葉を引き立ててくれる。
黄色や緑、赤の中に、筋のように張り巡らされる白い血管が、
この絶景を支えているんじゃないだろうか。

まだしばらく、紅葉写真を続けたい。

該当の記事は見つかりませんでした。