FC2ブログ
みかん。
EOSで撮る人の戯れ言
MENU

キヤノン、ことし2つ目の“5”。

151770.jpg

ちまたじゃ(かなり狭いけど)、EOS M5の登場で沸き返っている。
キヤノンのミラーレスカメラの最高峰なんだとか。
EOS M3の上位機種だとか。

まあ、今年は目立った発表がなかったけど、
キヤノンとしてはこの2つの“5”に全力を注いでいたってことか。

EOS M3ユーザーとしては、注目したいけど、
もういらないかな、Mは。
内蔵EVFは興味深いけど、その分、大きくなったし、
かろうじて、X7より軽い程度で、やや重い。
まあM3とは、立ち位置が違うんだろうからな。
ただ機能を一通り見たけど、興味深い部分はかなりある。
デュアルピクセルCMOSはもう当たり前だとしても、
タッチ&ドラッグAFは興味深い。
ファインダーを覗きながらAFフレームを移動できるって、
なんか新しい。
あと、AFフレーム「小」。
EOS M5の話はさておき、
EOS 5D Mark IV登場から日もそんなにたってないので、
こっちの話題。
EOS 5D Mark IVのカタログを見ていると、
うーん、やっぱりいいカメラっぽいなあ。
表紙もなんだか凝ってるし。
Mark IIIのカタログはカレンダーめくりで、
とにかく読みづらかったな。
今度のは、カタログの内容がメカっぽくなってて
カメラを欲しくさせるんだよな。
5D4を持てば、私の写真にも、新しい力が宿るんだろうか。
さてさて。

151772.jpg

EOS 5D Mark IVミニチュアの抽選販売に当選。



EOS 5D Mark IVのミニチュアの抽選販売に当選しました、
というメールが来た。
※撮影できません。
※カメラ機能はありません。
という注意書きを連呼しているけど、
写真撮れねえじゃねえか!とクレームをつける
客がいるんだろう。
おかしな世の中だなあ。
それはさておき、ミニチュアの話。

¥9,980(税別)
¥10,778(税込)

レンズのリアは、32GBのUSBメモリーになっている。
いまどき32GBのUSBメモリーに1万は高すぎるが、
精巧(のはず)なミニチュアカメラに1万と考えてぐっとこらえる。
でも、高いな。
遊び半分で申し込んだら当たってしまった。。。
でもまあ、せっかくなので購入手続きをした。
ちなみに上の写真は、まったくのパッチもの。
海外で売ってた粗悪品。まあ、おもしろかったから買ったんだけど。

で、EOS 5D Mark IIIを売った。
いま持っている一眼レフは、EOS-1D XとEOS 7D Mark II。
キヤノン最高峰のフルサイズと、キヤノン最高峰のAPS-Cがそろっている。
どう考えても、EOS 5D Mark IVはいらない。
いらない。うん、いらない。絶対にいらない。
いらないだけど、欲しいんだよなあ。

IMG_2906.jpg

グッドバイ、5D Mark III。



EOS 5D Mark IIIが手元から離れた。
今日、下取り査定のため、マップカメラに発送した。
下取り額通りになれば、購入時の価格から差し引いて、
11万円くらいで、5DIIIを4年強、使ったことになる。
別の見方をすると、4年使い倒したカメラが、
11万しか価値が落ちていないという事実に驚かされる。
先日、銀座の修理センターでシャッター回数をカウントしてもらった。
135,677shot。約0.8円/shot
そう考えると、かなりのコスパだったなあ。自分的には。
いいカメラだったんだな。

ほとんどのショットが、こどもを撮ったわけで、
それこそ数え切れない記憶を残してくれた。
これは、お金では買えない。
デジタル機器だけど、このカメラには愛着がものすごくあった。
初代7Dを手放すときも同じ感覚だったけど、少し寂しい。

箱は買ってからずっとクローゼットにしまっていたので、
とてもきれい。
ケーブル類も、CD-ROMも、取説も、ビニールすら開けずに入っている。
まあ、それは査定には影響はないかもしれないけど、
箱だけみたら、ほぼ新品。
ただ、バッテリーの寿命がかなり消耗している。
次に、こいつを買った人は、寿命の少なさに気づいたときちょっとショックかも。
純正は高いからな。

手放したことに、未練はないし、後悔はない。
ただ寂しいだけ。

EOS 7D アーカイブ 4


 EOS 7D, EF8-15mm F4L フィッシュアイ USM, 1/15, F5.6, ISO100

クライストチャーチ空港から車で4時間ほど走ると、
世界一美しい夜景が見られるというテカポ湖が見えてくる。
当時、EOS 7Dを持って行ったのだが、
三脚は持っておらず夜景を撮ることはできなかった。
ただ、あの星空は今も記憶に新しい。4年前のことだ。
そのときの相棒、7Dはもう他の誰かの所有物になっている。
まだ使ってくれているだろうか。

18279.jpg
 EOS 7D, EF24-105mm F4L IS USM, 1/250, F4.0, ISO100

夜明け前にホテルを出て、
朝焼けを見た。
絵葉書に出てくるような景色に、
設定もそこそこでシャッターを切りまくった記憶がある。
写真は露出補正以外の補正はかけていない。
陽が昇り始めるころがいちばん美しかった。

テカポ湖周辺では、羊の群れをところどころで見ることができる。
もちろん家畜なのだが、放牧されている範囲が広い。
野生化しているのではと疑ってしまう。

18659.jpg
 EOS 7D, EF24-105mm F4L IS USM, 1/320, F5.0, ISO100, 露出補正-1/3

太陽を遮るものが少ないからか、
落陽する角度が低くなると、
自分の影も長くなる。日本ではあまり見ることはできない。

18662.jpg
 EOS 7D, EF24-105mm F4L IS USM, 1/400, F4.0, ISO100, 露出補正-1/3

ニュージーランド。
今度は三脚を持って行ってみたい。


14mmだけど歪まない。


 EOS 5D Mark III, EF14mm F2.8L II USM, 1/320, F16, ISO2000, 露出補正-1/3

EF14mm F2.8L II USMのレンズを使っていると、
ときどき、その超広角を見過ごしてしまうことがある。
悪く言えばパースペクティブが少ないからである。
上の写真はEF14mm F2.8L II USMで撮った銀座中央通り。
仮にEF16-35mm F2.8L II USMの16mm側で撮っていたら、
もっと歪んでいたと思う。2mm長い方が。
水平をとって撮れば、ここまで歪まないのか。
さらに注目すべきは周辺の画質。
14mmという超広角にもかかわらず、ほとんど流れていない。
単焦点レンズの実力というか、光学的にかなり優秀なんだと改めて痛感した。

150746.jpg
 EOS 5D Mark III, EF14mm F2.8L II USM, 1/320, F8.0, ISO400, 露出補正-1/3

151052.jpg
 EOS 5D Mark III, EF14mm F2.8L II USM, 1/25, F9.0, ISO320

もちろんワイドに撮れば、しっかり強烈なパースペクティブがついて
超広角の魅力をいかんなく発揮してくれるレンズ。
本当にいいレンズ。

すみだ水族館の記憶 3/3


 EOS 5D Mark III, EF16-35mm F2.8L II USM, 1/320, F2.8, ISO3200, 露出補正-1 2/3

クラゲのことは詳しくないけど、自分で泳ぐ力はないと聞いたことがある。
要は水流がないと、やがて沈んでしまうということだ。
水族館では、水槽の中で水流を起こして、クラゲはその流れに乗って
ふわふわと回遊しているということだろう。
すみだ水族館で見た、このミズクラゲもそういうことか。
泳げないのに海の中で生きてきたって、おもしろい生き物だな。

すみだ水族館にはペンギンもいる。
この水族館は、私がこれまで見てきたなかでもっとも規模が小さい。
あっとまに全コース回れてしまう。
となると、入場料はやや高めか。
それはさておき、ペンギンやサメ(まだいるのかな)という
人気キャラはいちおう押さえられている。

00012.jpg
 EOS 5D Mark III, EF50mm F1.4 USM, 1/400, F1.4, ISO2500, 露出補正-2/3

EOS 5D Mark IIIを買うと同時に手に入れた単焦点レンズ、
EF50mm F1.4 USM。
これくらい明るいレンズがあると、とにかく光量の少ない水族館で重宝する。
逆にエントリークラスの一眼レフと、そのキットレンズでは、
水族館の撮影は難しいだろう。
よほど高感度に設定するか、三脚を立てるか(立てちゃダメかも)。
ただ、水槽の中は明るいので、
水槽をメインに測光すれば、意外と低感度でシャッタースピードも稼げる。
部分測光やスポット測光を使って、明るいところでシャッターを切るといい。

00014.jpg
 EOS 5D Mark III, EF50mm F1.4 USM, 1/250, F1.4, ISO1000, 露出補正-2/3

当時、1.4の開放は初めてだったので、
そのボケ味にとにかく感動したことを覚えている。
開放で撮ると画質は落ちるけど、
ぱっと見、高画質に見える。
それはボケの部分と、ピントの合った部分のメリハリによって、
合焦部がより高画質に見えるからだと思う。
数段絞ると画質が上がるのは、本当なんだろうけど、
パッと見た目では、ど開放も悪くない。
一本、持っておくととても助かるレンズだ。

00013.jpg
 EOS 5D Mark III, EF50mm F1.4 USM, 1/400, F1.4, ISO400, 露出補正-2/3

00011.jpg
 EOS 5D Mark III, EF50mm F1.4 USM, 1/250, F1.4, ISO2000, 露出補正-1/3

すみだ水族館の記憶 2/3

00008.jpg
 EOS 5D Mark III, EF50mm F1.4 USM, 1/250, F1.4, ISO800, 露出補正-1/3

昨日に引き続き、すみだ水族館のお魚ギャラリー。
って、数年前の魚たちだから、まだいるのかどうか。
海中生物って、本当に不思議だ。
海の中は、光が届かないところはほとんど闇。
ほのかに光があっても、薄闇。
少しでも濁ればお先真っ暗。
それなのに、どうしてこんなにもカラフルである必要があるんだろう。
水中写真家では、いまキヤノンの5Dシリーズ写真展でも出展している
中村征夫さんが有名。京橋まで、ギャラリーを見に行ったけど、
本当に素敵な写真ばかりで感動ものだった。
やっぱり動物の写真はいいなあ。
驚いたことに、マクロ撮影で、MP-E65mmを使っていたのだ。
等倍以上で撮れるこのレンズで、いったい何倍くらいで撮ったのかわからないけど、
小さな海中生物が、大きくプリントされていて、とてもチャーミングだった。

海中もまだまだ謎だらけ。
ハリセンボンの針千本ないってのは面白かったな。


 EOS 5D Mark III, EF50mm F1.4 USM, 1/250, F1.4, ISO320, 露出補正-1/3

00009.jpg
 EOS 5D Mark III, EF50mm F1.4 USM, 1/250, F1.4, ISO400, 露出補正-1/3

00007.jpg
 EOS 5D Mark III, EF50mm F1.4 USM, 1/250, F1.4, ISO160, 露出補正-1/3

00006.jpg
 EOS 5D Mark III, EF50mm F1.4 USM, 1/320, F1.4, ISO500, 露出補正-1/3


すみだ水族館の記憶 1/3

00005.jpg
 EOS 5D Mark III, EF50mm F1.4 USM, 1/320, F1.4, ISO1250, 露出補正-1/3

スカイツリーのオープンといっしょに、
ソラマチでは、すみだ水族館がオープンした。
オープン時から年間パスポートを購入して
なんどか通った思い出がある。
押上が最寄り駅だったこともあり、
会社に行く前にちょろっと寄ってからということができた。
もう引っ越してしまったから、しばらく行っていない。

あの頃、ちょうど、カメラを7Dから5D3に切り換えた時期でもあって、
撮影も楽しかった。何より、客が少なかった。。。
今は、どんな生物がいるかわからないけど、
むかしの写真を整理していたら、いくつか出てきたのでアップ。
入り口付近のクラゲは、まだ健在かなあ。
巨大なタコも印象的だった。

00004.jpg
 EOS 5D Mark III, EF50mm F1.4 USM, 1/320, F1.4, ISO3200, 露出補正-1/3

EOSと大阪見聞録。


 EOS 5D Mark III, EF24-70mm F2.8L II USM, 1/800, F2.8, ISO100, 露出補正+1/3

先日、キヤノンのFIVEGRAPHY写真展のついでに、
ちょろっと大阪見物もしてきた。
グリコの大きな看板がある橋のところ。
道頓堀。阪神ファンが川に飛び降りるところ。
タイガースがあの調子なので、今年は大丈夫だろうけど。
で、行ったことがなかったので、せっかくの機会に行ってみた。
梅田からはけっこうあるみたい。
意外と遠いんだな。
池袋と渋谷を電車で行き来するくらいの距離だろうか。
なんば駅で降りた。
例の橋は、えびす橋ということがわかったのだが、
このなんば駅から、かなり歩く。
地下通路がものすごく広い。

小雨が降ってくる中、到着。
一瞬で心が萎えたのは、人の多さ。
当然のことながら観光地化していて、
ものすごい人だかり。
ついでに24時間テレビのイベントの真っ最中で、
さらにギャラリーが多い。タレントが来ていたようだ。

151031.jpg
 EOS 5D Mark III, EF24-70mm F2.8L II USM, 1/250, F8.0, ISO640

この日、大阪に持ってきたレンズは
EF24-70mm F2.8L II USMと、
EF14mm F2.8L II USM。
正直、もうちょっと距離が欲しいなと思ったけど、
後の祭り。

151070.jpg
 EOS 5D Mark III, EF24-70mm F2.8L II USM, 1/320, F9.0, ISO400

えびす橋でグリコの看板を見て、
道頓堀商店街を歩く。
上野のアメ横みたいだった。

151076.jpg
 EOS 5D Mark III, EF24-70mm F2.8L II USM, 1/250, F9.0, ISO640

151105.jpg
 EOS 5D Mark III, EF24-70mm F2.8L II USM, 1/320, F2.8, ISO400

かに道楽のカニ、くいだおれ太郎にも会った。
こちらもものすごい人気。
いっしょに写真を撮る人が後をたえない。
どれもこれも、特別な感動はなかったな。
異様な既視感。来たことあるんじゃないかというくらい。
それくらい、テレビで見てるってことかなあ。

とりあえず、大阪は経験できた。
通天閣にも行こうと思ったけど、
見てもたぶん、同じような感情なんだろうなと思いスルー。

EF70-200mm F2.8L IS II USMがあったら、
もう少し面白かったかもしれない。
初大阪、終了。

151141.jpg
 EOS 5D Mark III, EF24-70mm F2.8L II USM, 1/1250, F2.8, ISO400, 露出補正+1/3


該当の記事は見つかりませんでした。