みかん。

ブログタイトル

EOSとX-T20で育児する父親ブログ
MENU

初撮、スピードライト600EX II-RT

_116669328.jpg
EOS 5D Mark IV, EF35mm F1.4L II USM, スピードライト600EX II-RT

結局、使いどころがなくて、発光すらしていなかった
スピードライト600EX II-RT。
これじゃいくらなんでも気の毒なので、
モデルを立てて撮ることにした。
記念すべき最初のモデルは、17年産のカブトムシ。
昆虫はフォルム自体がデザインなわけだが、
カブトムシやクワガタは特にすばらしい。
角をつかまれたまま、羽を羽ばたかせ続けるカブトが
かっこいいな。


EOS 5D Mark IV, EF35mm F1.4L II USM, スピードライト600EX II-RT

カブトムシのフォルムや存在感を活かすために、
直光で撮影。ガイドナンバー60の強力な光を照射。ごめん。
でも、バウンスケースをつけてたから、かなり光はやわらいだはず。

バウンスケースの話だが、装着時、かなり手こずった。
固い固い。本当にこれであってるのだろうかと、
けっこう強めにはめたら、はまった。
でも、今度ははずれない。
だから仕方なく、ケース付きでやってみた。

ライティングを生半可でやってはいけない。
光のコントロールは本当にむずかしい。
勉強しよ。



にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村

写真 ブログランキングへ

スピードライト600EX II-RT、到着。

207408_ed.gif

またまた、何を買っちまったんだろ。
ブツ撮りなんてするわけないし、
モデル撮影なんてもってのほかだし。
まあ、いちおう理由はある。
近々、大規模なパーティーがあって、
その様子を撮らなきゃいけないわけで、
一つくらいあってもいいかなと。
以前、スピードライト430EX IIを持っていたけど、
あまりにも使わないものだから売り払ってしまった。

_207405_ed.gif

だったらスピードライト430EX III-RTでいいわけで、
当然、そいつを買うつもりでいた。
だけど、運命はそうさせてくれず、
キャッシュバックキャンペーン中で、
600を買うと8000円戻ってくる。これは大きい。
ちなみに430は3000円キャッシュバック。

_207404_ed.gif

いろいろ考えて見て、前と同じ430だったら使用頻度は
きっと前と同じだろうと思った。
つまり使わなくなる。
でも、もっと大光量で使いがいがあるなら、頻度が上がるかも。
そんな淡い期待もあったし、
何より、結局フラッグシップがいちばんいいに決まってるわけで、
どうせ持つなら、フラッグシップでいいかなということ。

_207402_ed.gif

届くまではワクワクなんだけど、
いざ届くと箱も開けない始末。
こうしてブログにアップしようと思うことで、ようやく開封。
ストロボケースが、430の倍はある。でかい。
付属のバウンスアダプターやカラーフィルターが一緒に入れられる仕様。
さすがフラッグシップ。
で、電池は入れたが、発光はまだ。
少しずつ研究して、使えるようになろうっと。
ハイスピードシンクロは試してみたいな。




にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村

写真 ブログランキングへ

一眼レフの防水化は無理だけど。

203511_ed.jpg
EOS 5D Mark IV, EF24-105mm F4L IS II USM

無理だけど、一眼レフで撮らなきゃ意味がない。
これで壊れたら、キヤノンに持っていけばいいやという開き直り。

でも、そんなの杞憂。
2年前に書いた記事で紹介したレインカバー
やっぱりこいつは大したもんだ。
どんなに水をかけられてもカメラが濡れることはない。
唯一、右手が濡れるからボディーも湿る。
レインカバーの内側が湿気る。
これが少し怖い。

午前は、EF24-105mm F4L IS II USM。
午後は、EF16-35mm F2.8L II USM。
カメラは、EOS 5D Mark IV。
今年も無事に生還。

_203633_ed.jpg
EOS 5D Mark IV, EF24-105mm F4L IS II USM


_204181_ed.jpg
EOS 5D Mark IV, EF16-35mm F2.8L II USM

_203707_ed.jpg
EOS 5D Mark IV, EF24-105mm F4L IS II USM

204318_ed.jpg
EOS 5D Mark IV, EF16-35mm F2.8L II USM


EOS 5D Mark IV, EF24-105mm F4L IS II USM

カメラへの信頼性はさらに高まった。
いいカメラといいレンズは、
これくらいじゃ壊れない(今のところ)。
なんともない。

さ、明日は江戸三大祭りの富岡八幡宮 例大祭だけど、
担ぐのはやっぱしんどいから、撮ることで参加しよう。
そうしよう。



にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村

写真 ブログランキングへ

指向性ステレオマイクロホン DM-E1

_197593_ed.jpg

どこへ行こうとしているのか。
何がしたいのか。
欲しいと思ったら、衝動が抑えられず、
結局、こういうのを買ってしまう。
キヤノンの純正マイク 指向性ステレオマイクロホン DM-E1到着。



EOS専用と書いてあるけど、
YouTubeとか見てると、
ホットシューがついたカメラなら使えそうだな。
まあ、私には関係ないが。

装着した感じ、思ったほど大きくないし、
威圧感も少ない。軽いから負担にもならない。
ボタン電池ってことで、カメラの電力を使わない。
ま、ここが多くのユーザーの批判を浴びているところだが。

目的もなく買ったので、試し撮りしかしていないが、
やっぱりやってしまうのが比較。
つけているときと、つけていないとき(これまで通り)。
イヤホンをつけるとわかりやすいけど、
Macのスピーカーからではあまり違いが感じられなかった。
音量の問題もあるんだけね。

さて、何に使おか。




にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村

写真 ブログランキングへ

なぜ、12.9インチのiPad Proだったか。

a_191980.jpg


またしても、おかしなものを買ってしまった。
買いたい衝動が動き出すと、これはもうどうにもならない。
買うまで治らない。
病気に例えると、購入が唯一の特効薬となる。
それはさておき、iPad Proを買った。

12.9インチiPad Proゴールド(256GB) Wi-Fiモデル。
この色へのこだわりはあった。
いちばんかっこいいから。

Smart KeyboardとApple Pencilも同時購入。
しめて、142000円。高え。
MacBookが買える。
そう、MacBookが買えるのだ。
では、なぜ、iPad Proだったか。

a_191524.jpg

理由は、単純に欲しかったからで、
そいつを自分に問いかけたら、
でっかいスマホみたいに使えるからじゃないかってこと。
そう、まさに、それ。
iPhoneみたいに使いたかった。
でもiPhoneは小さい。
iPad miniも小さい。
じゃ、iPadだろうって。

a_191520.jpg

9.7インチじゃない理由は、
アップルストアで触ってみたら、
だんとつ12.9インチが魅力的だった。
これはもう、ダントツ。
そして、Apple Pencilの書き味。
これもすごい。
さらに、Smart Keyboardが使いやすい。
これなら、MacBookに近い操作性と、
iPhoneの良さが融合できているんじゃないか。
というわけで、購入。



写真がものすごく綺麗。
音がものすごくいい(イヤホンで聴いてみて)。
スケジュール管理が楽。
何をするにしても楽しい。
意味もなく開いてる。
いつまで続くかわからんが、
とりあえず仕事ツールとして
長い付き合いにしたい。


にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村

写真 ブログランキングへ

このカテゴリーに該当する記事はありません。