FC2ブログ
みかん。
EOSで撮る人の戯れ言
MENU

フルサイズと100-400

_196502_ed.jpg
EOS 5D Mark IV, EF100-400mm F4.5-5.6L IS II USM

広角なら超広角を使うのがいい。
運動会で広角を使うなら、より広角であるほど役に立つが、
やはり望遠レンズもそう。
中途半端な望遠よりも超望遠。
フルサイズでEF70-200mm F2.8L IS II USMだと、ちょっと足りない。
APS-Cで200mmを使っても320mm。
ギリギリといったところ。
広い校庭では、アップまでカバーしきれない。

_196563_ed.jpg
EOS 5D Mark IV, EF100-400mm F4.5-5.6L IS II USM

こういうとき、EF100-400mm F4.5-5.6L IS II USMは実にいい。
広角側が100mmから使えるという点。
つまりEF24-105mm F4L IS II USMと合わせて使うことで、
24-400mmという驚異のレンジが生まれる。
これはすばらしい。
フルサイズでこのレンジが実現できるのだから。

_196390_ed.jpg
EOS-1D X, EF100-400mm F4.5-5.6L IS II USM

今回はEOS 7D Mark IIを使わなかった。
2台体制で行ったとき、
どうしても画面サイズが違うから
違和感が出てしまう。
フルサイズを2台使った方が、
焦点距離が違っても同じ感覚で操作できる。

_196497_ed.jpg
EOS 5D Mark IV, EF100-400mm F4.5-5.6L IS II USM

もう一点。EOS 7D Mark IIはタッチ液晶じゃないので、
結局、EOS-1D Xも同じことで、
性能が良い方を使うに越したことはない。
やっぱりEOS-1D Xはすごい。
追従性や連写性において、5Dや7Dを当たり前だが圧倒する。
気がつくと、1D Xを使っている。
結局いい方を使ってしまうんだな。

_196386_ed.jpg
EOS-1D X, EF100-400mm F4.5-5.6L IS II USM

ま、動きものじゃなければ、EOS 5D Mark IVでもぜんぜん問題ない。
今回は、ボディとレンズの組み合わせもけっこう替えた。
EOS 5D Mark IVとEF100-400mm F4.5-5.6L IS II USM。
EOS-1D XとEF100-400mm F4.5-5.6L IS II USM。
というのをなんども入れ替えた。
意味がわからないという人も多いと思うけど、
この切り替えは非常に重要だった。
なんて、運動会ごときで、何を言ってんだか。



にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村

写真 ブログランキングへ

運動会で広角を使うなら超広角。


EOS-1D X, EF16-35mm F2.8L II USM

運動会といえば、望遠レンズが定石だが
実はそうでもない。
むしろ広角が役に立つ。
しかも中途半端な広角ではなく超広角。
最低24mmは欲しい。
なぜかというと、文字通り全景が入るから。
しかも、いい意味で余計なところも入ってくれる。
16mmともなれば、手前の保護者すら写る。
でもそれがまた臨場感があっていい。

_196476_ed.jpg
EOS 5D Mark IV, EF24-105mm F4L IS II USM

校舎が写ったり、外の建物が写ったりしたっていい。
そういう景色の中で子供達はいつも勉強をしたり運動をしている。
学校で運動会をやっている以上、
そういうのも一つの運動会の風景じゃないだろうか。
もちろん望遠の方が使用シーンは多い。
子供を撮るから。
でもそればかりじゃ、
撮りっぱなしのビデオカメラ映像を
見せられているのと同じでつまらない。
メリハリとリズムが重要だと思う。
あー、昨日は暑かったな。




にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村

写真 ブログランキングへ

今、運動会中。


EOS 5D Mark IV, EF24-105mm F4L IS II USM

今年一番の暑さだとか。
雨よりはありがたいが、
ここまで暑くて晴れると気が滅入る。
まあ、子供らがいちばんしんどいだろうけど。
学校から家が異常に近いので、
レンズ交換は小休憩は家でできる。
息子の次の出番は、もうしばらく先。

今日の機材は、EOS-1D XとEOS 5D Mark IV。
レンズはEF100-400mm F4.5-5.6L IS II USMと、
EF24-105mm F4L IS II USMがメイン。

もう疲れてる。



にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村

写真 ブログランキングへ

策に溺れる。


EOS-1D X, EF70-200mm F2.8L IS II USM, 1/1600, F4.5, ISO100

策に溺れた。
機材選びで悩み、
わかっていたのに必要以上の距離を持ち出す始末。
EF70-200mm F2.8L IS II USMでよかったのに、
やっぱりEF100-400mm F4.5-5.6L IS II USMで寄りたいという
助平根性が芽生えてしまった。
結果、引きが撮れずゴール付近の表情にピントが合わない始末。。。
午後は、EF70-200mm F2.8L IS II USMに切り替えた。
西日は暑かったけど、影が強く出てよかった。

00000002.jpg
EOS-1D X, EF70-200mm F2.8L IS II USM, 1/1600, F2.8, ISO100

この2枚の作例はEOS-1D XとEF70-200mm F2.8L IS II USMだけど、
結局、EOS 7D Mark IIも持ち出した。もちろん、EOS 5D Mark IVも。
校庭から家は、徒歩1分ほどの場所なので、機材は家に置ける。というのがいけない。
あれもこれも、となる。

しかし、EOS 5D Mark IVは動画撮影機としても優秀だったな。
奥さんに動画撮影を任せて、つまり、EOS 5D Mark IVを持たせ(一脚つき)、
私は、EOS-1D XとEOS 7D Mark II。
なんという保護者だろう。


運動会、また新たなる経験。

フルサイズとフルサイズで。



運動会前夜。
といっても娘の幼稚園(年中)の小さな運動会。
だけど、どんな大会だろうと気を抜かない、手を抜かないのが信条。
明日の機材お品書き。

もちろん、運動会デビューとなるEOS 5D Mark IV。
EOS 7D Mark IIと悩んだけど、
やっぱりEOS-1D Xの出番。
2台のフルサイズで挑むのが礼儀。

レンズは、
EF24-70mm F2.8L II USM
EF70-200mm F2.8L IS II USM
がスタメンで、
控え選手に
EF135mm F2L USM
EF14mm F2.8L II USM

135mmは、
EF85mm F1.2L II USMと悩んだけど、
今回はこちらで。
ダンスなど動きの少ない競技で使いたい。
14mmは、広い絵を撮るためには欠かせない一本。

いちおうこの4本かなと考えている。
人の目は気にしない。ようにする。
目立ち過ぎることで娘にも迷惑をかけるが、
勘弁してくれ。


自己満足。

都内の運動会で必要な望遠レンズ


EOS-1D X, EF100-400mm F4.5-5.6L IS II USM, 1/320, F5.6, ISO160

東京の小学校の校庭は狭い。
運動会といえど、望遠はさほど必要でない。
今年の春、勇んでEF100-400mm F4.5-5.6L IS II USMを買ったわけだが、
いざ運動会で使ってみたら、長い。
ワイド側が100mm、ほとんどそちら側しか使わない。
けっきょく、ただ重いだけのお荷物レンズとなってしまうのだ。
7D2なんかで使ってしまったら、なおさら、お荷物度は増す。

135368.jpg
EOS-1D X, EF70-200mm F2.8L IS II USM, 1/60, F4.5, ISO500

で、何がベストかというと、
EF70-200mm F2.8L IS II USMである。
わかったことだけど、
フルサイズならEF24-70mm F2.8L II USMと
EF70-200mm F2.8L IS II USMの2本で
運動会は十分。いや十二分だ。
APS-Cならば、EF24-105mm F4L IS USMが一本あればいいかもしれない。
いまやEF100-400mm F4.5-5.6L IS II USMの使いどころがなくて、
困っている。剣道の撮影もで不要だし。普段使いなんてするわけないし。
ほんと、高い買い物したわりに、なんという誤算。。。
昨年までEF70-200mm F2.8L IS II USMの一本だったわけで、
それでなぜ気づけなかったのか。
なぜ、100-400を買う必要があったのか。
野鳥か、野生動物か、飛行機か、電車か。
何か被写体を見つけないとな。

135038.jpg
EOS-1D X, EF85mm F1.2L II USM, 1/3200, F1.4, ISO100

あとは、単焦点レンズが1本あるといいかもしれない。
動きが少ない競技で使える。
使う理由は描写だろう。
やっぱりズームレンズとは抜け感が違う。

135458.jpg
EOS-1D X, EF85mm F1.2L II USM, 1/2000, F1.4, ISO100, 露出補正-1/3

来週は娘の運動会。
といっても幼稚園だけど。
そうなると、いよいよ望遠はいらないかもな。
EOS 5D Mark IVなら、
トリミングも期待できるし。

それにしても、また幼稚園の保護者の中で浮くんだろうなあ。
みんな引くんだろうなあ。
それでも、EOS 5D Mark IVとEOS-1D Xで行くけどね。

今日の写真は、今年の春の運動会です。

運動会に85mm F1.2Lを使う理由。


EOS-1D X, EF85mm F1.2L II USM, 1/8000 F1.8, ISO100

はっきりいうと必要のないレンズ。
ピントの精度も悪いし、重いし、あんなに明るい日中で、
F2より明るい絞りは使わない。ましてはF1.2なんて。
さらにいうと、色収差が非常に目立つ。
光学的な古さもあるんだろうけど、被写体によってはかなり気になる。
じゃあ、なんで使うのかというと、そういうあれこれが、
どうでも良くなるくらい、抜け感があるから、である。
背景をぼかして、被写体を浮かび上がらせるだけではなく、
そこに透明感が加わるのだ。非常に感覚的なところだけど、
ズームレンズでは、この感覚は味わえない。
もっといえば、85mm F1.2ならではといえるかもしれない。
肉眼では味わえない、写真ならではの美しい表現といえるだろう。

IMG_8546.jpg
EOS 7D Mark II, EF85mm F1.2L II USM, 1/8000 F1.4, ISO100

まあ、これ一本で勝しようなんて考えてはいけない。
ちゃんと撮れる(って言ったらおかしいけど)レンズを別に携帯するか
別のボディに装着しておく必要があると思う。
さすがに撮れ高は低すぎるから。

IMG_8557.jpg
EOS 7D Mark II, EF85mm F1.2L II USM, 1/2000 F1.4, ISO100

このレンズ、買った当初は、思ったように扱えなくて
売ってしまおうとも考えた。
でも、使っているうちに、少しずつ、レンズの良さが見えてきて、
今では手放せない一本になっている。
カメラ側の設定は、スポット1点AF。
ピント合わせは、本当にシビア。
三脚固定でマニュアルフォーカスしたら、
さぞ、いい画質になるんだろうな。

IMG_8542.jpg
EOS 7D Mark II, EF85mm F1.2L II USM, 1/4000 F1.4, ISO100


大玉転がしとEF24-105mm L


EOS 5D Mark III, EF24-105mm F4L IS USM, 1/1600 F4.0, ISO200

今回の運動会、MVPレンズはEF24-105mm F4L IS USMかもしれない。
24mmの広角から105mmの中望遠までカバーしている唯一のLレンズ。
当初から標準ズームはEF24-70mm F2.8L II USMしか頭になかったけど、
1DXにEF100-400mm F4.5-5.6L IS II USMをつけようと思ってから
考えは変わった。
70-100mmの間が抜けてしまうわけで、
実感しづらいけど、この30mmの抜けは大きい。

屋外だし、日中だし、別に24-105でもぜんぜんいいじゃんと、
ふと、思ったのである。

1DX+100-400
5DIII+24-105

これが、本番のスタメン。
開会式や準備運動の寄りは、100-400で十分の距離。
バストアップどころか、顔に迫って撮ることができる。
一方、引きの画は24mmが担当。
最初の競技、大玉転がし。
正しくは、大玉送り。
こどもたちの頭の上を、大きな球が
どんぶらこ、どんぶらこと、宙を舞いながら迫ってくる。
こういうとき、100-400だと使えても広角側だけ。
進化を発揮したのが24-105だ。
ズーミング中、必ずテレ側も使うことになる。
そちらがメインといっても良い。
ここで訳だったのが70-100mmの“間”だ。
意外と近くにいる、自分の子供を寄りで撮ることができた。

撮影に夢中になっているので、
大玉がコースアウトして私の頭上に来ていても気にしない。
自然にレンズは広角側にしている。
ボールも広々と撮ることができた。
こういうとき、ズームレンズのありがたみを実感する。
単焦点ではできないもんなあ。

ちなみに、完全に逆光シーンだったけど、
大玉が画面のほとんどを占めていたおかげで
手前が暗くならずに済んだ。
これ、5DIIIだからこういう結果だったんだろうか。
レンズの影響も少なからずあるのかな。
Kissとかエントリー機種にキットレンズだったら、
どかんと暗くなっちゃうのかな。

EF24-105mm F4L IS USMの価値を改めて実感した一日だった。

IMG_8502.jpg
EOS 5D Mark III, EF24-105mm F4L IS USM, 1/2000 F4.0, ISO500

徒競走とリレーを撮ってみた。


EOS-1D X, EF100-400mm F4.5-5.6L IS II USM, 1/2000, F5.6, ISO500, マニュアル露出

運動会、本番の話。
開会式、準備運動、応援合戦が終わり、
最初の競技が大玉転がし。これは全校生徒でやる。
そして次の競技、早々に息子の徒競走。いきなり。
学年別の競技としてはこれが最初。
徒競走の順番は事前にわかっていたので、
大玉転がしのときから、ポジションを確保していた。
運良く、その場所は、大玉転がしをする息子が見える位置。
ちなみに、大玉転がしで、まともな写真が撮れるはずはない。

徒競走で入場してきた息子は、なぜか先頭にいる。
つまり、第1走者ということだ。
運動会、徒競走の撮り方で調べると、
どこでも、「他の子供で練習しよう」とある。
このアドバイスは第1走者は例外だ。
やれやれ。

1DXに、予定通りEF100-400mm F4.5-5.6L IS II USM。
グランドが小さいため、まる1周80mmを走る。
スタート位置とゴール位置は同じ。
スタート直後のコーナーで私はカメラを構える。
眼前を一度通るわけだが、ゆとりがあれば、
5Dに装着してあるEF24-105mm F4L IS USMの広角側で撮りたかった。
当然、無理だったけど。

画角的にいうと、フルサイズに100-400は正解だった。
AFも速いのでズーミングしながらの追従も問題なし。
結果、徒競走は今年も成功。1DXの食いつきがいいので、
息子よりも最初にゴールする子供(手前)にはピンが行かず、
常にピンは息子にある状態。さすがプロ機。
EOS Kissなど、エントリー機種ではこうは行かないだろう。

IMG_5952.jpg
EOS 7D Mark II, EF70-200mm F2.8L IS II USM, 1/40, F5.6, ISO100, マニュアル露出

足の遅い息子は出場しなかったが、
学年別リレーでは流し撮りを試してみた。
中学生ほどスピードが速くないので、
少しシャッタースピードを遅くしてみた。
成功率は下がるが1/40〜1/80秒くらいがちょうどいいかもしれない。
上の写真は1/40秒。
7DIIと70-200で撮った。
1DXも肩に提げていたので、かなりの重量を持っていたことになる。
下の写真は、コーナーシーン。
しゃがんで撮りたかったけど、前に人がいて立って撮影するしかなかった。

IMG_5953.jpg
EOS 7D Mark II, EF70-200mm F2.8L IS II USM, 1/40, F5.6, ISO100, マニュアル露出

青空がない一日だったけど、
おかげで比較的過ごしやすい運動会になった。
校長先生は、「暑すぎず、寒くない、最高の運動会日和」と
開会式で言っていたが、
晴天だった去年も「まさにこの日にふさわしい、最高の天気」と言っていたな。
そりゃそうだよね。

IMG_5932.jpg
EOS 5D Mark III, EF14mm F2.8L II USM, 1/250, F6.3, ISO160, 露出補正+2/3


今後、何回か、この運動会シリーズを書いてみたいと思う。

1DXで撮る場合、徒競走は70-200か、100-400か。


EOS 7D Mark II, EF70-200mm F2.8L IS II USM, 1/2000, F4.0, ISO100, マニュアル露出

明日はいよいよ、長男の運動会。
雨は大丈夫そう。
むしろ今日の雨で、グランドが適度に湿って、砂埃がないと思われる。

今年は1DXをメイン機にするつもりだが、
徒競走で使うレンズを、いまだに悩んでいる。
EF70-200mm F2.8L IS II USMか、
EF100-400mm F4.5-5.6L IS II USMか。

去年は、EOS 7D Mark IIにEF70-200mm F2.8L IS II USM。
上の写真は去年の一枚(顔を隠すため少しトリミング済み)。
200mm側は35mm判換算で320mmになるため、
距離は十分(ちょうどいい)だった。
しかし、1DXはフルサイズ。200mmのまま。
ちょっと足りないかなあ。
最初からトリミングを考えたくないし。
となると、EF100-400mm F4.5-5.6L IS II USM。
でも、このレンズはちょっと使いづらいんだよな。
ズーミングが、II型になって直進式から、回転式になったから
100mmから400mmまで一気にズーミングすると、
手の角度をかなり無理しなくてはいけない。
回転の幅が大きいのだ。
もちろん戻すときもしかり。
画質はだいぶいいんだけど、とちょっと抵抗がある。

と書いている内に、考えがまとまってきたぞ。

100mm〜400mm
vs
70mm〜200mm

ではなく、

100mm〜400mm
vs
112mm〜320mm

となる。
レンズの焦点距離だけでみれば、
広角側は70-200のほうが広い。
だが、実際(35mm判換算)は、
広角側の優劣が変わる。100-400のほうが広い!
となると、もっとも重要な画角では100-400の勝ち。
答えは出た。
レンズのAF速度は少し心配だが、
ボディが1DXだし、そこまで神経質になる必要はないだろう。
安直だけど、ゴール前で連写しようっと。

ちなみに、明日の朝、開門直後に生徒がいない閑散とした校庭を
14mmで撮るつもりである。これは毎年やっているのだが、
まっさらな運動会の雰囲気って、この時間帯しか撮れないんだよな。


運動会で流し撮り。


EOS-1D X, EF70-200mm F2.8L IS II USM、1/80, F4.5, ISO320, マニュアル露出

我が子の運動会は年に一度。
運動会の撮影は私にとっても大イベントだ。
その日が近づいてくると毎年、撮影のことで頭がいっぱいになる。
どんな機材でのぞもうか?
ポジションは?、そもそも競技は? といったことを悩み始める。
上の子の運動会(小学校)は春。まもなく、である。
さて、運動会では、ほとんどの父兄がカメラを持ってくる。
ビデオカメラ、スマホ、コンパクトカメラ、そして一眼。
一眼も最近は、ミラーレスと一眼レフに分かれる。
どちらかといえば、ミラーレスが多いようにも思う。
よく見かける光景だが、iPhoneといったスマホで撮っている人がけっこう多い。
画質はしっかりしているし、すぐにシェアできるのでわからないでもない。
しかし、運動会に必要なのは、ずばり望遠。
スマホのデジタルズームで、キレイな写真が撮れるわけがない。
やはり一眼レフに望遠ズームをつけるのがもっとも有効だ。
一眼レフといえば、限りなくキヤノンかニコン。
メーカーの宣伝も相まってか、一眼レフの含有率も増えてきたように感じる。
ただし、私のようなカメラ馬鹿は少ない。
絶対的に参考にならない。
私の場合、一眼レフ2台体制が基本。
もちろん、学校では浮く。だれの親だ?となる。
こどもに申し訳がない。
去年は、EOS 5D Mark IIIとEOS 7D Mark II。
5IIIには、EF24-70mm F2.8L II USM。
7IIには、EF70-200mm F2.8L IS II USM。
交換レンズに、85mmF1.2、14mmF2.8、100-400IIを用意。
そして一脚。という布陣だった。
我ながら馬鹿だと思うけど、納得のいく写真が撮れるのだから、
誰にも文句はいわれたくない。
今年は、1DXをメインに、5か7で悩んでいる。
私の子供が通う小学校は都内にあるのだが、
グランドがとにかく狭い。
テレ側で300mmあれば十分なのだ。
子供がどこで競技していてもバストアップを撮ることができる。
実は去年、当時は持っていなかった100-400mmを人に借りて、使ったのだ。
すると、寄りすぎてしまい、テレ側をほとんど使わない。
だからテレ側が320mmになる、7Dと70-200でいいというわけ。
ディズニーランドでもそうだったけど、400mmという望遠域は、
日常生活においてほとんど必要ないかもしれない。
飛行機、野鳥、鉄道など、特定の被写体を持たない限り。。。
私の100-400っていったいなんなんだろう。
それはさておき、
直近に迫った息子の運動会に備え、
先日、近所の中学校で行われた運動会に潜入し、リハーサル。
さすがに中学生ともなると、迫力が違う。
特に最後の学年別対抗リレー。
リレーはラストの3年生にもなると、
会場のボルテージが最高潮となり、涙ぐむ親も少なくない。
私はこの競技狙いだった。
といっても、実は、リハというよりあることを試したかった。
流し撮りだ。
日中、流し撮りをするために、NDフィルターを買った。
買ったのは、ND16。

yura_132157.jpg
ケンコーのND16。価格.comで評判がよかった

流し撮りのシャッタースピードは
私の場合、広くみても1/30~1/125程度。
日中、雲のない快晴だと、
絞り優先でシャッタースピードは勝手に
1/4000秒前後になってしまう。
ISOを限界まで下げて、マニュアル露出で、絞り込んでも
流せるほどシャッタースピードが遅くなるわけではない。
ND16なら、1/4000秒の4段落ちなので
1/250ということになる。
ND8でもよかったけど、暗さが物足りなくなったら困るので、
少し暗めのものにした。

yura_132874.jpg
フィルター径は77mm。

結果は正解だった。
マニュアル露出で1/80~1/60秒くらいを試し、
露出は絞りで調整。
カメラはEOS-1D X。レンズはEF70-200mm F2.8L IS II USM。
1DXの追従精度にも助けられ、何枚か、流し撮りに成功した。

yura_132476.jpg
EOS-1D X, EF70-200mm F2.8L IS II USM、1/80, F4.5, ISO100, マニュアル露出

しかし、おそらく本番では、流し撮りをしないだろう。
理由は、私の経験値が少なく、あまりのも確率が低すぎるからである。
年に一度、1回しか走らない徒競走で流し撮りにトライするほど
肝は据わっていない。
失敗しても関係のない他人のこどもだからできる手法だ。
従って私の撮り方は、純粋にゴール前でカメラを構え、
シャッタースピードを速くして、動きを“止める”ことになるだろう。
正面から走ってくる小学生をサーボAFで追従することなど、
1DXにしたら造作もないこと。
1年間、流し撮りの腕を磨いて、来年はチャレンジしてみようかな。
でも、一脚を使えば、もっと成功率が上がったのかな。手持ちだったしな。
ちなみに運動会に85mmF1.2や14mmを持って行く理由は
近いうちに書こうと思う。
運動会の撮り方というわけではないが、
運動会にはいろいろなシャッターチャンスがあり、
撮っておきたいシーンがあるということだ。

yura_132859.jpg
EOS-1D X, EF70-200mm F2.8L IS II USM、1/125, F5.0, ISO160, マニュアル露出

このカテゴリーに該当する記事はありません。