みかん。

ブログタイトル

EOSとX-T20で育児する父親ブログ
MENU

フルサイズと100-400

_196502_ed.jpg
EOS 5D Mark IV, EF100-400mm F4.5-5.6L IS II USM

広角なら超広角を使うのがいい。
運動会で広角を使うなら、より広角であるほど役に立つが、
やはり望遠レンズもそう。
中途半端な望遠よりも超望遠。
フルサイズでEF70-200mm F2.8L IS II USMだと、ちょっと足りない。
APS-Cで200mmを使っても320mm。
ギリギリといったところ。
広い校庭では、アップまでカバーしきれない。

_196563_ed.jpg
EOS 5D Mark IV, EF100-400mm F4.5-5.6L IS II USM

こういうとき、EF100-400mm F4.5-5.6L IS II USMは実にいい。
広角側が100mmから使えるという点。
つまりEF24-105mm F4L IS II USMと合わせて使うことで、
24-400mmという驚異のレンジが生まれる。
これはすばらしい。
フルサイズでこのレンジが実現できるのだから。

_196390_ed.jpg
EOS-1D X, EF100-400mm F4.5-5.6L IS II USM

今回はEOS 7D Mark IIを使わなかった。
2台体制で行ったとき、
どうしても画面サイズが違うから
違和感が出てしまう。
フルサイズを2台使った方が、
焦点距離が違っても同じ感覚で操作できる。

_196497_ed.jpg
EOS 5D Mark IV, EF100-400mm F4.5-5.6L IS II USM

もう一点。EOS 7D Mark IIはタッチ液晶じゃないので、
結局、EOS-1D Xも同じことで、
性能が良い方を使うに越したことはない。
やっぱりEOS-1D Xはすごい。
追従性や連写性において、5Dや7Dを当たり前だが圧倒する。
気がつくと、1D Xを使っている。
結局いい方を使ってしまうんだな。

_196386_ed.jpg
EOS-1D X, EF100-400mm F4.5-5.6L IS II USM

ま、動きものじゃなければ、EOS 5D Mark IVでもぜんぜん問題ない。
今回は、ボディとレンズの組み合わせもけっこう替えた。
EOS 5D Mark IVとEF100-400mm F4.5-5.6L IS II USM。
EOS-1D XとEF100-400mm F4.5-5.6L IS II USM。
というのをなんども入れ替えた。
意味がわからないという人も多いと思うけど、
この切り替えは非常に重要だった。
なんて、運動会ごときで、何を言ってんだか。



にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村

写真 ブログランキングへ

運動会で広角を使うなら超広角。


EOS-1D X, EF16-35mm F2.8L II USM

運動会といえば、望遠レンズが定石だが
実はそうでもない。
むしろ広角が役に立つ。
しかも中途半端な広角ではなく超広角。
最低24mmは欲しい。
なぜかというと、文字通り全景が入るから。
しかも、いい意味で余計なところも入ってくれる。
16mmともなれば、手前の保護者すら写る。
でもそれがまた臨場感があっていい。

_196476_ed.jpg
EOS 5D Mark IV, EF24-105mm F4L IS II USM

校舎が写ったり、外の建物が写ったりしたっていい。
そういう景色の中で子供達はいつも勉強をしたり運動をしている。
学校で運動会をやっている以上、
そういうのも一つの運動会の風景じゃないだろうか。
もちろん望遠の方が使用シーンは多い。
子供を撮るから。
でもそればかりじゃ、
撮りっぱなしのビデオカメラ映像を
見せられているのと同じでつまらない。
メリハリとリズムが重要だと思う。
あー、昨日は暑かったな。




にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村

写真 ブログランキングへ

今、運動会中。


EOS 5D Mark IV, EF24-105mm F4L IS II USM

今年一番の暑さだとか。
雨よりはありがたいが、
ここまで暑くて晴れると気が滅入る。
まあ、子供らがいちばんしんどいだろうけど。
学校から家が異常に近いので、
レンズ交換は小休憩は家でできる。
息子の次の出番は、もうしばらく先。

今日の機材は、EOS-1D XとEOS 5D Mark IV。
レンズはEF100-400mm F4.5-5.6L IS II USMと、
EF24-105mm F4L IS II USMがメイン。

もう疲れてる。



にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村

写真 ブログランキングへ

策に溺れる。


EOS-1D X, EF70-200mm F2.8L IS II USM, 1/1600, F4.5, ISO100

策に溺れた。
機材選びで悩み、
わかっていたのに必要以上の距離を持ち出す始末。
EF70-200mm F2.8L IS II USMでよかったのに、
やっぱりEF100-400mm F4.5-5.6L IS II USMで寄りたいという
助平根性が芽生えてしまった。
結果、引きが撮れずゴール付近の表情にピントが合わない始末。。。
午後は、EF70-200mm F2.8L IS II USMに切り替えた。
西日は暑かったけど、影が強く出てよかった。

00000002.jpg
EOS-1D X, EF70-200mm F2.8L IS II USM, 1/1600, F2.8, ISO100

この2枚の作例はEOS-1D XとEF70-200mm F2.8L IS II USMだけど、
結局、EOS 7D Mark IIも持ち出した。もちろん、EOS 5D Mark IVも。
校庭から家は、徒歩1分ほどの場所なので、機材は家に置ける。というのがいけない。
あれもこれも、となる。

しかし、EOS 5D Mark IVは動画撮影機としても優秀だったな。
奥さんに動画撮影を任せて、つまり、EOS 5D Mark IVを持たせ(一脚つき)、
私は、EOS-1D XとEOS 7D Mark II。
なんという保護者だろう。


運動会、また新たなる経験。

フルサイズとフルサイズで。



運動会前夜。
といっても娘の幼稚園(年中)の小さな運動会。
だけど、どんな大会だろうと気を抜かない、手を抜かないのが信条。
明日の機材お品書き。

もちろん、運動会デビューとなるEOS 5D Mark IV。
EOS 7D Mark IIと悩んだけど、
やっぱりEOS-1D Xの出番。
2台のフルサイズで挑むのが礼儀。

レンズは、
EF24-70mm F2.8L II USM
EF70-200mm F2.8L IS II USM
がスタメンで、
控え選手に
EF135mm F2L USM
EF14mm F2.8L II USM

135mmは、
EF85mm F1.2L II USMと悩んだけど、
今回はこちらで。
ダンスなど動きの少ない競技で使いたい。
14mmは、広い絵を撮るためには欠かせない一本。

いちおうこの4本かなと考えている。
人の目は気にしない。ようにする。
目立ち過ぎることで娘にも迷惑をかけるが、
勘弁してくれ。


自己満足。

このカテゴリーに該当する記事はありません。