みかん。

ブログタイトル

EOSとX-T20で育児する父親ブログ
MENU

GoPro超広角写シーン 13

11111G0051258.jpg
GoPro HERO4

カメラ馬鹿であるからして、
パリにはもちろんGoProも持参している。
もうHERO6までいっているから、
私のは2世代前ということになる。
今のところ最新機種に興味はない。

1111GOPR1250.jpg
GoPro HERO4

私にとってのGoProは
動画機ではなく写真機。
たまに動画も撮るけど、
一眼などと同じで、基本は写真。
だからデフォルトは静止画にしている。

1111GOPR1243.jpg
GoPro HERO4

レンズは14mmの画角だから、
凱旋門もほぼ真下で撮ってもすっぽり入る。
さすがに、ものすごーく歪むけど、それも含めてGoPro。
地下鉄の構内も絵になるのは、さすがパリ。
フランス人が来たら日本のメトロを撮る感覚かもしれないけど。

11111GOPR1238.jpg
GoPro HERO4

サン シュルピス教会でも一応。
さすがに暗すぎてシャドー部はつぶれてしまったけど、
実際の暗さのイメージはこれくらい。
かなり暗いのだ。
自分が右利きだからだろうか。
どうしても、右に構図を流す癖があるな。

ちょこっと撮るのに、GoProの広角は、かなり役立つ。



PARISスナップの関連記事もあるので、
おヒマなときぜひ。

11mmのPARISスナップ。
サン シュルピス教会と11-24mm。
EF-M55-200mmの活かし方。
パリと5D



にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村

写真 ブログランキングへ

GoPro超広角写シーン 12


GoPro HERO4

久しぶりのゴープロ。
コンパクトすぎるから、カバンにはいつも入れている。
アホだと思われるだろうが、
カメラはつねに、3台は持ち歩く。
G9X、EOS M5、ゴープロ。
スマホを入れれば4台か。
イカれてると自分でも思う。

2_1171.jpg
GoPro HERO4

それにしても、このカメラ、
ほんと写りがいいんだよな。
図らずもパンフォーカスになるから、
ぜんたいにびしっとピンが来ているようにみえる。
広角ゆえの歪み方も悪くない。

2_1175.jpg
GoPro HERO4

まあ、この手のカメラは軽くトーンをいじったほうがいい。
生っぽい写真、デジタルっぽい写真ともいえるが、
撮って出しはそうなってしまう。
ま、現像と同じことで、やっぱりどう焼くっていうのは大事な工程だ。




にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村

写真 ブログランキングへ

GoPro超広角写シーン 11



意外と持ち歩いているGoPro。
ちょっとした広角シーンに出会った時に、
記録的に撮れるのがいい。
金沢駅。
だだっ広い、もてなしドーム。
さすがに1カットでというのはむずかしいけど、
右向いて、左向いてで、2カットで全景はおさまる。

GOPR11426.jpg

地味にGoPro HERO5が出た。
アクションカメラも少し下火になってきたのか、
GoProが落ちて着たのか。
ま、いろんなメーカーが出してきたから
GoProの独壇場ってわけにはいかんよな。

相変わらず、アクセサリーの出番はない。


GoPro超広角写シーン 10



いつの間にかGoPro HERO5が登場していた。
このHERO4も出番が少ないため、さすがに5に興味は沸かない。
だから、どんな機能があるのかも知らない。

カメラを買った責任というか、せっかく買ったのだからという思いで、
ほとんど使ってはいないけど、いつも常に持ち歩いている。
G9XとGoProは必ず持っている。

で、数か月ぶりの超広角シーン。
相変わらず写真用途で、ちょこちょこ使っている。
けっこう画質も良くて、
ダイナミックレンジも広い。

今回の2枚は、剣道の試合会場。
レンズをたくさん持って行けないから、
どうしても14mmの単玉は留守番になる。
でも、これくらいの広角があるといいんだよなというとき、
GoProはかなり重宝する。
記録写真ではあるが。

5IMG_5177.jpg

カメラもレンズも使わなければ、
宝の持ち腐れ。
最近、EOS 7D Mark IIの出番がめっきり減った。
そこで、7DIIをもっと活用しようという思いから、
1本レンズを購入したのだがまだ届かない。
今日辺り、届いていると思うのだが。
さて、どうだろ、あのレンズは。

GoPro超広角写シーン 9



久しぶりのゴープロ撮影。
子供らを連れて、六本木のけやき坂にあるテレビ朝日に行ってきた。
目的は、ドラえもんの南極カチコチパーク。
何がおもしろいのかはさておき、リクエストに応えて連れて行ったのである。
どこでもドアをくぐって、ふぶきの部屋、のび太の部屋、南極の部屋を体験できる。
はしゃぐ子供らを傍目に、ゴープロでパシャパシャ撮影。
上の写真は、南極の部屋だったかな。
で、下のこれがのび太の部屋。
文字どおり六畳一間で再現されている。

GOPR1019.jpg

ゴープロの画角が広すぎて、
本命カメラのレンズが写り込んでしまった。
さすが14mm。

GOPR1027.jpg

その後ひとりで、銀座へ。
中国人ばかりの四丁目交差点。
車が少なく道路がたくさん写ると、
さすがに広く見える。
本当は和光の時計台の対向面から撮りたかった。

GOPR1015.jpg

この写真は、別の日の一枚。
画像を見ていたら出てきたのでとりあえずアップ。
広さを見せるための参考に。

今日もしかし暑い。

このカテゴリーに該当する記事はありません。