みかん。

ブログタイトル

EOSとX-T20で育児する父親ブログ
MENU

剣道の撮り方が偏向気味になっている。

a_189298.jpg
EOS 5D Mark IV, EF24-70mm F2.8L II USM

久しぶりの剣道写真。
いつからか、高速でシャッターを切ることがなくなった。
被写体を止めるというのは、どうにも面白くない。
これは完全に個人的趣味。
ただ、残念なことに人様は、
ブレている写真をあまり望まない。
だから、剣友会の写真を撮るときは1/200秒前後を維持する。
それすらも速いのだが。


EOS 5D Mark IV, EF24-70mm F2.8L II USM

剣道の撮影は奥が深く、探求すべきことは多い。
まだ初歩的なレベルの人間なのに、達観してしまっている自分がいる。
これはいかん。だが、やっぱり流動感って大事だと思う。
この偏向的な考え方も、ある日突然変わってるする。きっと。たぶん。

ちなみになんども繰り返しているけど、
EOS 5D Mark IVをボディに、
EF24-70mm F2.8L II USM。
この組み合わせが剣道には最適だと思う。
試合を同一フィールドで撮る場合に限るけど。




剣道の撮り方について、いろいろ書いてます。
お暇なときに、ぜひ。

VOL.1:剣道写真の特徴
VOL.2:瞬間に強いカメラ
VOL.3:カメラとレンズ
VOL.3.5:センサーサイズ
VOL.4:カメラの設定
VOL.5:撮影位置とタイミング
VOL.6:撮り方の工夫
VOL.7:背景の選び方
●写真を一人称から三人称へ。



にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村

写真 ブログランキングへ

子供はつらいよ。


EOS 5D Mark IV, EF50mm F1.8 STM


世の中、ハロウィンだろうと、
クリスマスだろうと、
友達が家でゲームしていようと、
歯を食いしばって稽古する子もいる。
子供のためにと思ってやらせているが、
それは親のエゴじゃないのか、
自問自答。
21時前、練習が終わったあとの背中は
なぜか寂しそうにも見える。
考えすぎだろうか。

嫌いだった50mm F1.8もなかなか悪くない写りをする。



にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村

写真 ブログランキングへ

剣道撮影は、結局この2本。

IMG55559093.jpg
EOS 5D Mark IV, EF24-70mm F2.8L II USM

久しぶりの剣道写真。
カメラはすっかりEOS 5D Mark IV。
なんだかんだで、やっぱり万能カメラだわ。
で、レンズだが、いろいろ使ってきたけど、
この2本こそ至上という結論になった。
EF24-70mm F2.8L II USM
EF70-200mm F2.8L IS II USM
他が撮れないわけじゃないが、
この2本あれば無敵であるということ。


EOS 5D Mark IV, EF70-200mm F2.8L IS II USM

結局私は、キヤノン製、つまりEOSとEFレンズしか知らないので、
他のメーカーがどういうレベルにあるか知るよしもない。
ミラーレスっていっても、他社製のはかなり撮れるんだろうし、
ニコンのカメラもそうとうなものだろう。
はっきりいって、どのメーカーだって同じクラスなら大差ないんだろな。

IMG555559746.jpg
EOS 5D Mark IV, EF70-200mm F2.8L IS II USM

であるからして、キヤノンから変わる必要はない。
つまり、剣道を撮影するにあたって、おすすめの機材は
やはりキヤノン。これしかない。
そんな中で、オールラウンドフルサイズの頂点5Dと、
大三元の2角、この2本があれば、撮れなかった言い訳はできない。
素直に、腕が悪いと認めるしかない。
日々、精進。

IMG55559748.jpg
EOS 5D Mark IV, EF70-200mm F2.8L IS II USM

それにしても暗い照明下で撮ると、
CMOS特有のローリングシャッター現象が出ちゃう。
これがキレイじゃないんだよな。
選手にとっては、カーテンをしめて斜光してくれたほうが
試合がしやすいんだろうが、
撮るほうとしては、まずい状況。
だけど、その状況に合わせるしかないわけで。

IMG55559738.jpg
EOS 5D Mark IV, EF24-70mm F2.8L II USM

剣道の写真では、今回、ひとつの結果が出せたので、
なんとなく、安心した。
記録としては撮り続けるが、
もう少し気持ちにゆとりを持って、
うまく撮ろうとするんじゃなく、
思いのままに撮るようにしようと思う。




にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村

写真 ブログランキングへ

全日本少年少女武道(剣道)錬成大会

_201806_ed.jpg
EOS 5D Mark IV, EF16-35mm F2.8L II USM

そういえばこの前の日曜日、
たいへん大きな大会があった。
全日本少年少女武道(剣道)錬成大会である。
またしても日本武道館。
全国からそれはそれは、強い剣友会が集まり、
団体戦で凌ぎを削るわけだが、
我が弱小剣友会も恐れ多くも参加。

_201961_ed.jpg
EOS 5D Mark IV, EF70-200mm F2.8L IS II USM

試合ももちろん撮影したが、
おもしろいのはこの圧倒的な集合写真。
5000人以上が集まった。
準備運動なんて、もはや笑ってしまうレベル。
いいのか、こんな狭いところで。
日本武道館が、そう狭く感じる。

_201907_ed.jpg
EOS 5D Mark IV, EF70-200mm F2.8L IS II USM

こういうとき、
広角と望遠は必要だ。
でも出番は望遠の方が増える。
私の場合、最近は5D4しか使ってないから、
望遠で頼りになるのはEF70-200mm F2.8L IS II USM。
F値固定の唯一の望遠。
あー、サンニッパ欲しいな。

_201927_ed.jpg
EOS 5D Mark IV, EF70-200mm F2.8L IS II USM

買えない夢想はいいとして、
やっぱりいいレンズだ。
軽い機材と比べて重い機材にもメリットがある。
カメラブレが防げること。
しっかりどっしり構えて固定できる。
手ブレもそこそこ効くのでブレの心配はあまりない。


EOS 5D Mark IV, EF70-200mm F2.8L IS II USM

ゆとりがあるから、
あえてブラして撮ったり。
あんまり意味ないけど。
剣道の試合は、疲れるわ。



にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村

写真 ブログランキングへ

剣道と単焦点レンズ。

200519_ed.jpg
EOS 5D Mark IV, EF35mm F1.4L II USM

こんな殺人的な暑さの中、指導者も子供も、
あんな暑い道着は防具を着衣して運動をしている。
もはや、不思議とさえ思える光景。
見学しているだけでも暑いのに、あっぱれとしか言いようがない。
そんな私は、汗を垂らしながら練習風景を久しぶりに撮ってみた。
今日は、2本の単焦点レンズで挑んだ。
一本は、私の最強のレンズEF35mm F1.4L II USM。
やはり、うっとりする写り。
透明感、ツヤ感、抜け感。どの言葉もあてはまる。
すばらしい写り。またF1.4という明るさも強み。


EOS 5D Mark IV, EF35mm F1.4L II USM

上のように、これくらい引いて撮っても、クリアな印象は残る。
さすがだ。
そしてもう一本。西の横綱の呼び声が高いEF135mm F2L USM。
望遠というメリットと、F2という明るさが相まって
これまた素晴らしい写り。
とろけるようなボケ味はもちろんだが、
35mmに負けない透明感。
やっぱり好きなレンズだ。

200733_ed.jpg
EOS 5D Mark IV, EF135mm F2L USM

素人目には、同じような形状のレンズ。
大きさもほとんど同じだから、
違いはわからないだろう。
どうして、レンズをつけかえているんだろうと、
訝しい目でみていた保護者もいるかもしれない。
どうもすみません。

200748_ed.jpg
EOS 5D Mark IV, EF135mm F2L USM

最後の写真はもう少し絞って、
前後の防具のディテールを出してもよかったなあと思いつつ。
単勝レンズは、やっぱりいいなあ。



にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村

写真 ブログランキングへ

このカテゴリーに該当する記事はありません。